随分敷居が下がった美容整形によるまぶたの二重形成とは

欲しいものは全て ココにある

エラをなくす手術

エラを削ることで行う美容整形について

エラを削る美容整形手術は、顔をスッキリと見せる効果が期待できます。 エラが張った顔は、頑固だという印象を与えることが多いです。また、顔が大きく見られがちであり、エラを削りたいと悩んでいる人は多いです。 エラを削る美容整形は、60分〜120分の時間ですることができます。全身麻酔を使用して行うため、2,3日の入院が必要な場合も多いです。手術による痛みは全身麻酔を使うのでほとんどないので、安心できます。手術の効果は永久的に続くので、非常に効果的です。手術後の腫れは、個人差がありますが、2〜4週間でひきます。術後の通院は、2,3回ですみます。多くの場合、口の中から手術するので、傷跡が目立つことはありません。

ボトックス注射によるエラの整形

エラを目立たなくする美容整形手術には、エラを削る以外の方法もあります。 エラが張っている原因は、骨が必要以上に発達している以外にも、筋肉が必要以上に発達している場合も多くあります。 筋肉が発達している場合は、筋肉の動きを和らげることによって、エラを収縮させることができます。 エラの筋肉を収縮させることに効果があるのは、ボトックス注射です。ボトックス注射をする整形手術は、比較的安価な価格で行うことができ、人気が高いです。ボトックス注射の持続効果は、1回の注射で6〜12ヶ月です。効果が切れた後でも、ボトックス注射をする前よりも顔が小さくなっていることが多いです。4〜6ヶ月おきに約5回程度注射することで、半永久に効果があります。